「30代の貯金事情、どんな感じなの?」と一度は気になるはず。
実際の所、私も気になります。

30代の4割の人は、貯金がゼロ、2割の人が、500万以上の貯蓄があるというデータがある
そうです。

30代と言えば、結婚や出産、マイホーム購入など出費が多いと言われる年代。
それで、貯蓄がないという人も多いのではないかと思います。

でも、2割の人は、しっかり貯蓄しているのです。
年金がもらえるかも分からないですし、いつ何があるか分からない時代です。

将来のためにも、しっかり貯蓄しておきたいと思いませんか?

貯蓄ゼロの人がやるべき3つの事とは?これであなたも貯金が増やせる!?

「貯蓄がない…。」と、通帳を見る度にため息をついていませんか?
でもまだ遅くはありません。

そんな「お金を貯めよう」と思っているあなたに、貯蓄を増やすためにやるべきことを3
つ紹介します。

現状を把握し、明確な貯金目標額を設定する!

貯蓄をするためには、まず、現在の状況をもう一度確認しましょう。

「どのくらい収入があるのか」、「何にどのくらいお金を使っているか」などをきちんと
把握することで、お金の流れをしっかり把握することができます。

これが重要なのです。お金の流れを把握することで、無駄な出費があることに気が付き、
その無駄な出費を抑えることができるのです。

そして、次は、明確な貯金目標額を決めましょう。

あまりに高い額を設定してしまうと、途中で諦めてしまったり、できなかった時に、自分
を責めてしまうことになります。

自分の収入、支出を踏まえて、無理のない金額に設定しましょう。
これが、貯蓄を増やす第一歩です。

###給与天引き貯金をして、貯金にまわす!
「毎月同じ金額を確実に貯金したい」という方には、給与天引き貯金がおススメです。会
社によっては、財形貯蓄や、社内預金などの制度がありますので、まずチェックしてみま
しょう。

財形貯蓄とは、勤務先を通じて、金融機関の貯蓄商品で貯金する仕組みです。「一般財形
貯蓄」、「財形年金貯蓄」、「財形住宅貯蓄」の3種類があります。
会社によっては、貯蓄奨励金が出るところもあるようです。

一方、社内貯蓄は、勤務先が給与を天引きして貯金する制度で、福利厚生の1つです。利
率が高いため、一般の銀行預金よりも効率よく貯金することができます。

もし、このような制度がない場合は、銀行の自動積立定期預金口座を活用し、給与天引き
貯蓄システムを作ってみましょう。

貯金する金額や、引き落としをする日にちは、自分で決めることができます。
引き落としする日にちを、給料日の翌日にすれば、給料後にすぐに天引きされるので、無
駄遣いを防ぐことができます。

一度手続きをしてしまえば、毎月自動で貯蓄することができるので、手間がかかりません。

「残った分を貯金に回す…」と思っていても、実際は、なかなか予定通りに貯金ができな
かったりしますよね。

でも、給与天引きシステムを使えば、毎月必ず決まった金額を貯金することができるので
、確実に貯金を増やすことができます。

「知らない間にこんなに貯金が増えていた」なんてこともあるかもしれませんよ。
ぜひ、試してみませんか?

貯蓄型保険に加入して、貯蓄を増やす!

貯蓄型保険は、簡単に説明すると、毎月保険料として払っているものが、契約満了(満期)
時に戻ってくるというものです。

学資保険や養老保険、個人保険年金などがあります。

子どもを考えている方、子どもがいる方におススメな学資保険。
これは、子どもの教育資金の準備を目的とするものです。積み立てと同じように、毎月保
険料を支払うことで、計画的に資金を貯めることができます。

万が一、親が突然亡くなった場合、それ以降の保険の払い込みは免除となり、保証がその
まま継続されて、学資金を受け取ることができるというのも魅力です。

養老保険とは、一定の期間保険料を払い続ければ、満期時に、死亡保険金と同額の満期保
険金が支払われます。

保険料には、保障以外に積立が含まれるため、終身保険や定期保険と比較すると、高額と
言われています。

個人年金保険とは、簡単に説明すると、老後の資金を準備するための保険です。毎月保険
金を支払い、老後に受け取るというシステム。

「将来、きちんと年金がもらえるか不安」という方が増え、注目度もアップしているよう
です。

場合によっては、税金が安くなることもあるので、年末調整や確定申告の時に忘れない様
にしましょう。
しかし、万が一の保証が薄いので勘違いしないように気をつけなければいけません。

どの保険も、途中で解約してしまうと、元割れしてしまうので、毎月きちんと支払える額
にしましょう。

まとめ

・まずは、現状を把握して明確な目標貯金額を設定する
・給与天引き貯金をして、貯金にまわす!
・貯蓄型保険に加入して、貯蓄を増やす!

30歳にもなると、将来の事も現実味が帯びてきて、貯金がないことに不安を感じる方も多
いと思います。
これを機に、将来のために貯蓄を始めてみてはいかがでしょうか?