・食費ってどうやったら節約できるの?
・食費は抑えたいけど、質素なご飯はちょっと…
・育ち盛りの子どもがいるから、食費が大変…
と、お困りではありませんか?

食費は、生きていくために必要不可欠。
特に、育ち盛りのお子さんがいるご家庭は、苦労しているのではないでしょうか?

という我が家は、主人はよく食べますし、子どもはまだ小さいものの、栄養バランスを考
えて、体にいいものを…と考えると、なかなか食費も膨らみます。

食費といえば、家計の出費の中でも、大きい割合をしめていると思います。

それを少しでも節約できたら、嬉しいですよね。

そこで、今回は、食費の節約術をご紹介したいと思います。

3つポイントをマスターすれば、食費が節約できる?

「家族においしいものを食べさせたい」、「栄養バランスの整った食事を作りたい」、主
婦の皆さんは、きっと、家族のことを考えて毎日献立を考えていると思います。

できれば食費を削りたいけど、「もうこれ以上は…」と諦めていませんか?

今から紹介する3つの方法で、食費を減らすことができるかもしれませんよ。

買い物に行く場所と、回数を見直してみよう!

「買い物に行くと、ついつい余計な物を買ってしまう…」なんてことありませんか?
そんな私も、予定外の物を買って後悔することも度々…。

単純に、買い物に行く回数を減らすことで、自動的に余計な物を買ってしまうことも減り
ます。

買い物の回数を減らせば、その分時間にも余裕ができます。

また、買い物に行く前には、冷蔵庫を空っぽにしてから行くようにしましょう。

「食材がないわ…」と思っていても、意外と使える物が残っていたりします。

そうすれば、買い物に行かなくて済みますよね。

もう一度冷蔵庫をチェックして、使える物がないか確認してみましょう。

「食料品を買う=スーパー」というイメージの方も多いと思います。
私も、どちらかというと、そういうイメージが強いです。

でも、意外とドラッグストアやディスカウントショップでも、安く売っていることもあり
ます。

もし近くにあるようでしたら、一度下見に行ってみるといいかもしれません。

そして、スーパーなどにある見切り品や割引品もうまく活用しましょう。

時間帯によって、偏りがあると思うので、いつも行っていない時間にチェックするのもい
いですね。

すぐに使う予定があるものであれば、見切り品でも問題なく使えると思います。

ただ、ちゃんと見極めて買わないと、「食べられる所がほとんどなかった…」なんてこと
になりかねないので、気を付けましょう。

節約の味方になる食材を選ぶ!

野菜や果物は、季節ごとに値段が変わりますよね。特に、不作の時には、価格が高騰する
こともあります。

しかし、ジャガイモやもやし、玉ねぎは、あまり値段の変化が見られない食材と言えるで
しょう。

このような食材を献立に取り入れていくと、節約に繋がると思います。

また、トマト缶やシーチキンなどの缶詰め類も、値段の変化がほとんどなく、賞味期限も
比較的長いので、使いやすいですよね。

また、育ち盛りの子どもがいる家庭では、ボリュームも大事ですよね。そんな時は、たん
ぱく質でかさまししてみてはいかがでしょうか?
たんぱく質は、三大栄養素のうちの1つなので、積極的に摂取したいものですよね。
例えば、厚揚げは、お肉との相性もぴったり!調理方法も簡単なのも魅力的ですよね。

我が家でかさまし食材として、よく登場するのは、安く手に入る豆腐です。
豆腐は、イソフラボンも含まれていて、美容やダイエットにもってこいの食材。

中でも人気のメニューは、豆腐ナゲットです。
ひき肉の量を減らして、代わりに豆腐を入れるだけ。とっても簡単で美味しいので、おス
スメです。

また、こんにゃくや白滝もかさまし食材として大活躍してくれます。
安くて低カロリーのこんにゃくは、お腹のお掃除もしてくれるので、便秘解消の手助けに
もなってくれます。

満腹感もあり、食べ過ぎも防いでくれるので、ダイエットにもいいですね。

こんにゃくを甘辛く煮るだけでも一品になりますし、お肉と炒めるのも美味しいです。
我が家も、子どももこんにゃくが大好きなので、よく食卓に並んでいます。
ボリューム感はあるのに節約できる、かさまし食材を使って、食費を節約してみてはいか
がでしょうか?

作り置きで時間も節約!

作り置きをする時は、買い物して一気にできるとベストですね。

一気に作る事で、食材を余すことなく使う事ができますし、光熱費の節約にも繋がります

休日にまとめて作っておけば、忙しい平日の負担を減らすことができます。

休日にまとめて…といっても、数日分のおかずを作るには、時間がかかるもの。
時間がないという方には、切っておくだけ、の作り置きがおススメです。

洗って切るだけでも、結構手間がかかるもの。特に皮がついているものは、時間がかかり
ますよね。

小分けにして冷凍しておけば、パッとすぐに使えるので、時短にもなります。
何種類かに切っておくと、様々な料理に使えます。

また、冷凍しておくことで、保存期間も伸びます。
小分けにして、しっかり密封することが冷凍のポイントです。

まずは、簡単な作り置きから始めてみてはどうでしょうか?

まとめ

・買い物の場所と回数を見直す
・節約の味方になってくれる食材をうまく活用する
・作り置きで食費も時間も節約!
慣れないと大変なものもあるかもしれませんが、慣れてくれば時間と食費の節約になると
思います。
早速試してみませんか?