あなたがお金に困っているなら、

lineでお金をくれる人を探している

といったことがあるかもしれません。

実はこれってかなり危険な行為です。

そこで、今回はlineでお金をやりとりする危険性について述べて行きます。

lineでのお金のやりとりとは

lineでお金を貸す行為のことを個人間融資と言います。
他にもSNS、ネットの掲示板などでもこういった個人間融資は多くなっています。

簡単に借りれそうなイメージがあるかもしれませんが、
この行為は非常に危険性を持っています。

これからその危険性について紹介していきます。

lineで貸すことの危険性

貸りる相手が闇金業者

lineの借りる相手が闇金業者の可能性があります。
高い利息を支払わせたり、強引な取り立てを行なったりします。

ですので、安易に借りる行為はとても危険です。やめたほうがいいでしょう。

闇金業者はこれ以外も悪質な行為をしてきます。

押し貸し

闇金業者で借りて完済したとしても、このままで終わらないのが闇金です。
後から勝手に口座に振り込む「押し貸し」という行為をしてきます。

そして、一定時間経過で催促の電話をし、違法な高い利息を請求します。

個人情報の流出

他の闇金業者に個人情報を取引されたりします。

そうなると、他の闇金業者からしつこい勧誘があったり、押し貸しされるリスクもあります。

一回でも、闇金業者に教えてしまったら、他にも連鎖的に個人情報が流出されるということもありますので、
闇金業者とは取引しないほうが無難です。

借りる相手が詐欺

lineでお金を借りる相手が詐欺である可能性があります。

例えば、
借りるには手数料を払ってください。そのあとで融資をします。

このようなケースがあります。

手数料を支払ったのにいつまでたっても融資されない・・・

つまり、手数料を詐欺されてしまったということです。

まず考えて、借りるはずなのに先払いするなんてありませんよね。

冷静に考えればわかることなのですが、
お金を借りたいという人は急いでいますので、
冷静な判断ができずに詐欺に引っかかる、
といったことがあるのです。

そもそも,個人がlineでお金を貸すというメリットってないですよね。
知り合いならお金を貸すことはあるでしょう。

しかし、見ず知らずの人で、きちんと返済されるかわからない相手にお金を貸すでしょうか?
一般的な感覚であれば貸さないのではないでしょうか。

ですので、Lineでお金を貸すという人に甘い期待をするほうが間違っている
と考えたほうがよいのではないでしょうか。

このような方法で貸す人は闇金業者か詐欺で、考えてまず間違いないでしょう。

リスクなしで借りる方法

Lineで借りるには危険が伴いますが、リスクなしで借りる方法を紹介します。

カードローンを利用する

消費者金融のカードローンはlineで借りるような危険性はなく、きちんと法律で規制されていますので、
安全に借りることができます。

また、消費者金融のカードローンであるなら、即日から融資が可能です。
ネットでの申し込みをすれば審査から口座の振込みまで簡単に行うことができます。

ですので、いますぐお金が必要というならカードローンを使うことをおすすめします。

審査に落ちた借りるところが無い時の対策

消費者金融のカードローンに落ちた・・・

という場合もあると思います。

最近では消費者金融のカードローンに申し込んだけど落ちてしまう人が多い傾向にあります。

その場合の方法について紹介します。

中小の消費者金融を利用する

近郊のカードローン、大手の消費者金融に申し込んだけど審査に落ちてしまった・・・
というならば比較的審査のゆるい中小の消費者金融を利用してみてもいいでしょう。

大手の金融機関よりも若干金利が高い傾向にありますが、独自の審査を行なっていますので、
審査に落ちて困っているのならば、申し込んでみる価値はあるのではないでしょうか。

中小の消費者金融

セントラル
アロー
フクホー
フタバ
ライフティ
エイワ
スペース
中央リテール
スカイオフィス
アルコシステム

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

クレジットカードにはキャッシング枠というものがあります。
これを利用すればお金を借りることができます。

ただ、これを利用するには事前に申請しておく必要があるので、
あなたのクレジットカードにキャッシング枠があるかどうか確認してみるといいでしょう。
(審査はあります)

キャシング枠で借りるには提携のATMから融資が可能ですので、
即時にお金を借りることができますので便利です。

また、便利なクレジットカードのキャシング枠ですが、
一つ注意しなくてはいけない点があります。

それは、通常で買い物ができるクレジットカード枠の上限までしか借りれないということです。

例えば、
クレジットカード枠が100万円
キャシング枠が10万円

とした時に買い物なので95万円まで使ってしまうと、
キャシング枠が5万しか使えないということになります。

なので、いくらまで利用できるのか借りる前に事前に確認しておく必要があるでしょう。

質屋を利用する

質屋を利用すれば所持品を担保にお金を借りることができます。

質屋で高く査定してくれるものとして以下があります。

ブランド品
高級腕時計
宝石類
記念硬貨
家電製品
金、プラチナ

このようなものが所持品にあるというならば、
審査なしで即時にお金を借りることが可能ですので、
質屋に持っていってみてはどうでしょうか。

ただ、質屋で借りるには気をつけなくてはならないことがあります。
借り入れの期間が3ヶ月ということです。

もし、その期限が過ぎると借りる時に担保にしたものが売りに出されてしまいます。
ですので、3ヶ月以内に利息と借り入れした金額を返済できる見込みがあるなら、
質屋で借りるのを検討してみてはどうでしょうか。

まとめ

Lineでお金を借りるのは簡単にできるイメージがあるかもしれませんが、
かなり危険な行為です。

なかには悪意を持って貸す人はいますので、絶対にやめたほうがいいです。
ほぼ間違いなく後悔することになります。

世の中そんなに甘くありません。
安全にお金を借りるなら消費者金融のカードローンを利用するのをお薦めします。