誰か10万円貸してください

すぐにお金が必要なときこういったことを思うことってありますよね。

私もお金を使いすぎて、すぐに10万円が必要ってことがありました。

そこで、今回は「誰か10万円貸してください」と思っているあなたに具体的な対策を紹介します。

カードローンで借りる

すぐに10万円必要というならばカードローンで借りるという方法があります。

カードローンには2つの種類があります。

銀行のカードローン
消費者金融のカードローン

この2つの違いは主に融資の限度額、金利、審査の厳しさです。

銀行のカードローン

審査が厳しいという特徴がありますが、
他の方法で借りるより、融資の限度額が高いことと金利が低いというメリットがあります。

余裕持って借りれるのならば、こちらの方法が借りる時の金利が低いので、
借りる時のリスクが少ない銀行のカードローンが一番おすすめです。

消費者金融のカードローン

消費者金融のカードローンであればネットでの申し込みから振込融資まで完結できます。
ですので、すぐに10万円が必要というならばこちらを利用してもいいでしょう。

銀行のカードローンより金利は高めですが、
審査が厳しくないのが特徴です。

また、30日間までの融資であるならば、無利子で行なっている消費者金融があります。
短期で借りたいというならば無利子のサービスを利用してもいいでしょう。

プロミス
アコム
アイフル
レイクALSA

カードローンで借りれないなら

カードローンに申し込んだけど、

審査に落ちてしまう

という場合がありますよね。

無理もありません、最近ではカードローンに申し込みをしたけど、
審査に落ちてしまうという人が多い傾向にあります。

なので、その場合の対策について紹介します。

両親、親族、友人から10万円を借りる

10万円借りるならば、両親、親族、友人から借りるという方法が一番良い選択かもしれません。

明確な理由があるならば借りれる可能性は大いにあるのではないでしょうか。

しかし、いざお金を借りるとなると大きなトラブルになることもあります。

もし、借りる場合はトラブルを回避するためにも借用書を書いておくことが重要です。

質屋で借りる

自身の持ち物に、

ブランド品
腕時計
宝石類
骨董品

などがある場合、これらのものを担保に質屋でお金を借りることができます。

この方法であるならば担保ということなので、売却せずにすぐにお金を借りれます。

ただ、借り入れできる金額は査定された金額が上限になります。

この方法ではすぐにお金を借りれるというメリットはあるのですが、
以下の通り、注意する点もあります。

・利息が高めである
・3ヶ月以内に返済できなければ売られる

ということがありますので、
短期間で返済できるというならば、この方法で借りてみてもいいかもしれません。

所持品を売る

借りるの以外で10万円を都合したいというならば、
自宅にある所持品を売却するという方法があります。

所持品を売るには大きくわけて2つの方法がります。

・質屋・リサクルショップで売る
・ネットを利用して売る

これらの違いは店舗に行くか、ネットを使うかですが、
どちらにもメリット・デメリットがあります。

質屋・リサクルショップで売る

店舗に行って所持品を売る方法です。

この方法だと即時にお金にすることができますので、
急いでいる場合はこちらがおすすめです。

自宅に、

宝石類
ブランド品
骨董品
家電製品
パソコン

などがあるならば利用してもいいでしょう。

ただ、店舗での売却はネットよりも割安になる傾向があります。

ネットを利用して売る

ネットを使えば自宅にいながら所持品を売ることができます。

フリマサイトやオークションサイトに登録すれば簡単に売れますので、
こちらのほうが利便性は高いです。

ただ、売るには郵送しなくてはいけないことや、
売るまでに時間がかかるので、急いでいる場合は不向きです。

また、ネットで売るほうが店舗よりも高くなることがありますので、
時間に余裕があるならこちらの方がよいでしょう。

クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングはネットを使って仕事を募集するサイトのことです。

仕事の内容は様々で、

ライティング
ログラミング
写真撮影
イラスト作成

などの仕事があります。

クラウドソーシングはネット内で仕事が完結しますので、
場所や時間を選ばずに仕事ができるのが特徴です。
得意分野があれば受けてみてもいいでしょう。

日払いのバイトをする

10万円を稼ぎたいなら、日払いのバイトで稼いでみてもいいかもしれません。

日払いのバイトはネットで求人を募集していますので、
バイトのサイトに登録をすれば簡単に探すことができます。

日払いのバイトで人気が高いのは、

交通量調査
テイッシュ・チラシ配り
工事現場
引越しの助手

などで、1日に1万以上稼げるバイトも多くあります。

まとめ

今回は10万円が必要というときの対策を紹介してきました。

急ぎの場合はカードローンを使うのがもっとも利便性がよくおすすめです。

短期間であるならば無利息で借りれるところもありますので、
検討の余地は十分にあると思います。

他の方法としては、やはり、両親、親戚、友人から借りるというところが、
現実的ではないでしょうか。

明確な理由があれば貸してもらえる可能性はあるでしょう。