どうしても5万必要

こういう時ってありますよね。

今回は、どうしても5万円が必要というあなたに、
どうやって解決していけばよいかについて紹介します。

カードローン

もっともお金を捻出する方法として有効なのがカードローンです。

どうやって解決していけばよいかについて紹介します。

消費者金融であるならば即日で融資課可能なので、
すぐにお金が必要ならばまず最初に検討してみてもよいでしょう。

ただ、カードローンの場合、

借りるには利息がかかる
返済計画を立てる必要がある

がありますので、
使用する前にはそのことを考慮する必要はあります。

また、初回契約の場合は一定期間であるならば、

無利息で借り入れができます。

なので、今すぐ借りる必要があって、
カードローンが初めてというならば検討してみてもいいでしょう。

クレジットカード

短期であるならばクレジットカードを使ってやり過ごすという方法もあります。

クレジットカードは好きな時に使えて便利ですが、
やはり使いすぎには注意する必要です。

また、割高になりますが、リボ払いを利用することで、
毎月の支払いの負担を減らすことができます。
どうしてもお金が必要という場合は検討してもいいかもsれません。

不要なものを売る

家にあるものを売ってお金にするという方法があります。

ネットオークション
リサクルショップ

などで売ることが手軽で簡単な方法です。

これらは、

洋服
漫画
ゲームソフト
貴金属
時計
ブランドバック

などがよく売られています。

普段使ってないものがあるならば、
売ってしまったほうがいいのではないでしょうか。

お金にもなりますし、
ついでに部屋の整理もできます。

売れそうなものがあるなら、
出してみるとよいでしょう

また、ネットオークションには物によっては高額な値段がつくこともあります。

ネットオークションで検索すれ過去に売られたもの価格がわかりますので、
売りたいものの検索をしてみるとよいでしょう。

また、ネットオークションの場合、

郵送する必要がある
写真を取る必要がある
取引相手とやりとりをしなければならない

と手間がかかるということがありますので、それが面倒であると思うならば、
リサイクルショップで売ってもよいでしょう。

こちらであればすぐに現金が入りますので、
急いでいるならばリサイクルショップがおすすめです。

日払いで働く

お金がない時の方法として,
日払いで働くという手段があります。

一時的な現金が必要ということであるならば、
日払いという手段はいい方法であると言えます。

日払いの期間としては、
1日からで少し長くて数日間のものがあります。

日給の相場は8千円〜2万円ですが、
都市圏内の地域に限られています。

親や知人から借りる

一番借りやすい方法として、親や家族に頼ることでしょう。

金融業者から借りるには利息の支払いや、返済期限があります。

迷惑がかかるとしても、どうしても借りないといけないならば、
借りることを思い切って相談してはどうでしょうか。

また、親や家族に借りれないというならば、
友人から借りるという方法もあります。

ただ、借りたことで今までの関係が悪くなるということもありますので、
どこにも借りることができないという場合のみにしましょう。

クレジットカードのキャッシング

カードローンが審査落ちした場合は、すでに持っていることが前提ですが、
クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りる方法があります。

審査なしで借りることができますので検討してみてください。

ただ、クレジットカードの場合、

借り入れ金額が少ない
金利が高め

ということで注意が必要です。

契約者貸付制度を使う

契約者貸付制度は生命保険を加入している場合、
解約返戻金の範囲で借りることができる制度です。

特殊な制度ですが、

解約返戻金の範囲内であるならば保険を解約しなくても借りることができる
低金利で借りることができる
審査がなく確実に借りることができる

このようなメリットがあるので、
生命保険に加入しているけど、お金に困って解約を考えているならば、
この制度を利用してみるといいでしょう。

総合支援資金貸付制度を使う
総合支援資金貸付制度はハローワークで求職活動をすることを条件に生活支援をする制度になります。

単身世代は月15万円
2人世帯以上は月20万円

を借りれます。

また、

住居入居費
教育支援費
一時生活再建費

でもお金を借りることができます。

自立することが前提の制度なので、
お金は返済しなくてはいけないです。

他に借りるあてがないという場合は、
市役所に問い合わせをしてみるとよいでしょう。

定期預金の自動貸付

定期預金があるならば、定期を解約しなくても借りれるという手段があります。

定期預金を担保に借りれるサービスで、

定期預金の90%の金額まで借りれます。

借りる場合はATMからできるので、
簡単に借りることができます。

また、返済ができないという場合は定期預金を担保にしているサービスなので、
定期預金から支払われることになります。

給料の前借

給料の前借は会社が給料を前貸しすることができる制度で、
労働基準法に認められています。

ただ、いつでもできるというわけではなく、
いくつかの制限があります。

前借りは働いた日数分のみ
緊急事態である時(出産、病気、災害、近親者の逝去)

借りるにはこのような条件があるので、
注意が必要です。

また、前借りは会社によって違いがるので、
できるかどうかは確認する必要があるでしょう。

ただ、借りれる条件に該当するならば、
検討する余地は十分にあるのではないでしょうか。

まとめ

今回、お金の解決方法としていろいろな方法を紹介しました。

すぐにでも5万必要というならば、

カードローン
クレジットカード
親や知人から借りる

がおすすめです。

もし働く場合だと、すぐに稼ぐというのは時間的に難しいことが多いので、とりあえず時間を稼ぐという意味では借りるのが効果的な手段です。